今回は、遺産分割協議による、相続登記の必要書類についてです

相続登記とは

不動産の所有者を

「被相続人名義」 → 「相続人名義」

に変更することです

被相続人

➀戸籍:出生~死亡まですべて

②住所証明書(住民票、または、戸籍の附票)

相続人(妻・子)

➀戸籍:現在のみ

②住所証明書(住民票、または、戸籍の附票)

③印鑑証明書

※戸籍は、重複する場合、1通でOKです

例えば、被相続人が筆頭者の戸籍に、妻、二女も一緒に入っているのであれば、1通で3人分の戸籍になります

遺産分割協議

誰が何を相続するかを、相続人全員で話し合います

遺産分割協議書

話し合った内容を、書面にまとめます

➀1通の協議書に、相続人全員が署名捺印するパターン

②相続人それぞれが、内容が同じ協議書に別々に署名捺印するパターン

相続人がそれぞれ遠くに住んでいる場合に便利です

どちらでもOKです

実印 + 印鑑証明書

実印で押印し、印鑑証明書を添付します

評価証明書

法務局に登記を申請する際、登録免許税という税金を支払わなければなりません

その計算のために必要となる書類です

不動産の所在地の役所で取得することができます

税率:不動産の評価額の「1000分の4(0.4%)」

例えば、評価額が3,000万円の場合

登録免許税:12万円

となります

「こういったケースはどうなのかな?」など、ご質問がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい

画像提供|遺産相続手続まごころ代行センター(https://www.souzoku-isan.net/

Follow me!

投稿者プロフィール

泉 嘉一
泉 嘉一いずみ司法書士事務所